Navigation

Related Articles

Back to Latest Articles

Djangoでcould not connect to serverエラーが出たら


press
Djangoでcould not connect to serverエラーが出たら

DjangoでデータベースにPostgreSQLを使ってる際に以下のエラーが出た時の対処方法です。

could not connect to server: Connection refused
	Is the server running on host "localhost" (127.0.0.1) and accepting
	TCP/IP connections on port 5432?

サーバーのPostgreSQLのディレクトリに移動します。VERSIONの部分はインストールされているバージョンを入力します。
例)$ cd /etc/postgresql/9.6/main/

$ cd /etc/postgresql/VERSION/main/

postgresql.confを編集します。

$ sudo vim postgresql.conf

listen_addressesを編集します。

listen_addresses = '*'

PostgreSQLを再スタートします。

$ sudo /etc/init.d/postgresql restart

当ブログは群馬県でPython / Djangoを中心にウェブアプリケーションを開発している株式会社ファントムが運営しています。

株式会社ファントムへのお問い合わせ




    Show Comments (0)

    Comments

    Related Articles

    Django

    Djangoで502 Bad Gatewayが頻発した時に調べたこと

    Djangoで開発中のWebアプリで特定のURLにアクセスした時だけ、502 Bad Gatewayが頻発する様になりました。NginxとuWSGIのログを見たらuWSGIのworkerが死んで復活してを繰り返しているこ […]

    Posted on by press
    Django

    NameError: name ‘os’ is not definedが表示される

    NameError: name ‘os’ is not definedが表示される Djangoの開発を始める時に最初のstartappする前に以下のエラーが出る時があります。これは初期段階でse […]

    Posted on by press