名前に現在時刻を入れたファイルが連番かどうか判定(後半)


press
名前に現在時刻を入れたファイルが連番かどうか判定(後半)

名前に現在時刻を入れたファイルが連番かどうか判定(後半)

前回からの続きです。

前回は連番になっていたらまとめてリスト化しましたが、今回はまとめたファイルを動画に変換して書き出します。

コードはGitHubリポジトリにあげています。

開発環境

$ python -V
Python 3.7.0

$ tree
.
├── dir.txt
├── requirements.txt
├── sequeucetovideo.py
└── video

モジュールのインストール

モジュールをインストールします。
リポジトリからクローンした場合は、以下のコマンドで必要なモジュールを一括インストールできます。

pip install -r requirements.txt

手動でインストールする場合は、以下のコマンドを入力します。

pip install opencv-python

コード

sequeucetovideo.py

import datetime
import glob

import cv2

f = open("dir.txt", "r")
files = sorted(glob.glob(f.read()))

split_file_name = ''
file_time_plus_one_seconds = ''

sequence_list = []
sequence_img = []

for file in files:
    split_name = file.split('-')

    file_time = datetime.datetime.strptime(split_name[2], '%Y%m%d%H%M%S')

    if not sequence_list:
        sequence_list.append(file)

        img = cv2.imread(file)
        sequence_img.append(img)
    elif split_file_name == file_time or file_time_plus_one_seconds == file_time:
        sequence_list.append(file)

        img = cv2.imread(file)
        sequence_img.append(img)
    else:
        first_file_split_name = sequence_list[0].split('.')
        first_file_split_name = first_file_split_name[0]
        first_file_split_name = first_file_split_name.split('/')
        first_file_split_name = first_file_split_name[-1]

        last_file_split_name = sequence_list[len(sequence_list) - 1].split('.')
        last_file_split_name = last_file_split_name[0]
        last_file_split_name = last_file_split_name.split('/')
        last_file_split_name = last_file_split_name[-1]

        height, width, layers = img.shape
        size = (width, height)

        name = 'video/' + first_file_split_name + '-to-' + last_file_split_name + '.mp4'
        out = cv2.VideoWriter(name, cv2.VideoWriter_fourcc(*'MP4V'), 3.0, size)

        for i in range(len(sequence_list)):
            out.write(sequence_img[i])
        out.release()

        sequence_list.clear()
        sequence_list.append(file)

        sequence_img.clear()
        img = cv2.imread(file)
        sequence_img.append(img)

    split_file_name = file_time
    file_time_plus_one_seconds = file_time + datetime.timedelta(seconds=1)

解説

sequence_img = []
動画変換用に連番ごとにまとめたファイルを格納するリストを生成

img = cv2.imread(file)
ファイルを読み込む

first_file_split_name = sequence_list[0].split('.')
first_file_split_name = first_file_split_name[0]
first_file_split_name = first_file_split_name.split('/')
first_file_split_name = first_file_split_name[-1]
リストの最初のファイル名を取得して.で区切る
.の前を名前を取得(.jpgの前のファイル名を取得)
今回はファイルが複数階層のディレクトリにあることを前提にしているので/で区切る
/で区切った最後の文字列を取得

last_file_split_name = sequence_list[len(sequence_list) - 1].split('.')
last_file_split_name = last_file_split_name[0]
last_file_split_name = last_file_split_name.split('/')
last_file_split_name = last_file_split_name[-1]
リストの最後のファイル名を取得して.で区切る
.の前を名前を取得(.jpgの前のファイル名を取得)
今回はファイルが複数階層のディレクトリにあることを前提にしているので/で区切る
/で区切った最後の文字列を取得

name = 'video/' + first_file_split_name + '-to-' + last_file_split_name + '.mp4'
新しく生成する動画ファイルの名前を生成
今回はvideoフォルダにリストの最初のファイル名と最後のファイル名の間に-to-をはさんだ名前を生成

out = cv2.VideoWriter(name, cv2.VideoWriter_fourcc(*'MP4V'), 3.0, size)
mp4ファイルを生成


当ブログは群馬県でPython / Djangoを中心にウェブアプリケーションを開発している株式会社ファントムが運営しています。

株式会社ファントムへのお問い合わせ




Show Comments (0)

Comments

Related Articles

Django

Pandasで作ったCSVをダウンロードする

Django上でPandasで作ったCSVをダウンロードさせる方法です。df.to_csv(“filename.csv”)でも出力は出来ますがダウンロードは出来ないので、ダウンロード機能が必要な場 […]

Posted on by press
Django

DjangoでダウンロードするCSVの文字コードを設定

以下のような、attachmentをつけて即ダウンロードが始まるシステムで、文字コードをShift-JISにする為にto_csv()の引数にencodingをShift-JISに設定しても、ダウンロードするとUTF-8で […]

Posted on by press