Djangoで開発をする際に仮想環境を構築する方法


press
Djangoで開発をする際に仮想環境を構築する方法

Djangoで開発をする際にvenvを使って仮想環境を構築する方法です。pyenvがインストールされていてバージョンを切り替えできる状態を前提に進めます。

仮想環境について

Pythonで開発していると開発環境では最新のバージョンを使いたいけど、特定のパッケージをインストールする時には古いバージョンを使いたいといった事がよくあります。そこで、仮想環境を作ってバージョンやパッケージなどの用途ごとに環境を用意して切り替えて開発します。
仮想環境ツールはいくつかありますが、初めのうちはPython3.3から公式に組み込まれているvenvを使用すれば問題無いでしょう。

仮想環境の構築

$ mkdir Django
$ cd Django

解説

mkdir Django
Djangoという名前のディレクトリを作成
cd Django
新規作成したディレクトリに移動

$ pyenv install 3.7.2
$ pyenv local 3.7.2

pyenv install 3.7.2
pyenvを使ってPython3.7.2をインストール
pyenv local 3.7.2
現在のディレクトリで使用するPythonのバージョンを指定

仮想環境の有効化

$ python -m venv djangoenv
$ source djangoenv/bin/activate

python -m venv djangoenv
djangoenvという名前の仮想環境を作成
source djangoenv/bin/activate
仮想環境に入ります。
(djangoenv)$ と表示されれば仮想環境が有効になっています。

バージョン確認

(djangoenv)$ python -V
Python 3.7.2

python -V
現在のディレクトリで使用するPythonのバージョンを表示

(djangoenv)$ pip list
Package    Version
---------- -------
pip        19.1.1
setuptools 40.6.2

pip list
現在インストールされているパッケージを表示
pip、setuptoolsは最初からインストールされています。

Djangoのインストール

(djangoenv)$ pip install django

Djangoをインストールします。

(djangoenv)$ pip list
Package    Version
---------- -------
Django     2.2.1
pip        19.1.1
pytz       2019.1
setuptools 40.6.2
sqlparse   0.3.0

Djangoがインストールされました。
pytz、sqlparseはDjangoのインストール時に一緒にインストールされます。

仮想環境の無効化

(djangoenv)$ deactivate

deactivate
仮想環境から抜けられます。


株式会社ファントムへのお問い合わせ

当ブログは群馬県でPythonを使ったAIやシステムを開発している株式会社ファントムが運営しています。




    Show Comments (0)

    Comments

    Related Articles

    Django

    DjangoでDateTimeFieldが今日のデータを取得する方法

    Djangoのモデル上でDateTimeField型のデータが今日の日付のデータを取得する方法です。 1つ目00:00:00から23:59:59までの範囲を条件に取得します。 2つ目今日の日付が含まれるものを条件に取得し […]

    Posted on by press
    Django

    Djangoでcould not connect to serverエラーが出たら

    DjangoでデータベースにPostgreSQLを使ってる際に以下のエラーが出た時の対処方法です。 サーバーのPostgreSQLのディレクトリに移動します。VERSIONの部分はインストールされているバージョンを入力し […]

    Posted on by press