PyCharm 2023.2から追加されたBlackによるコード成形


press
PyCharm 2023.2から追加されたBlackによるコード成形

PyCharm 2023.2から追加されたBlackによるコード成形

Pythonのコード成形で人気のBlackがPyCharm 2023.2から環境設定画面で設定可能になりました。従来はpipなどでインストールしていましたが、環境設定画面で必要に応じてインストールや設定可能です。

Blackのインストールと設定

環境設定 / Tools / Blackを選択すると、Blackがインストールされていない場合はインストールボタンが表示されるので選択してインストールします。

PyCharm 2023.2から追加されたBlackによるコード成形
Blackがインストールされていない場合はここでインストール

インストールが完了すると、コード成形を実行するタイミングを指定します。「On code reformat」はコード成形コマンドの実行時、「On save」はファイルの保存時にコード成形が実行されます。

PyCharm 2023.2から追加されたBlackによるコード成形
コード成形のタイミングを指定

従来のバージョンではpipでインストールしたBlackをFile Watchersを使ってファイルの保存時にコード成形を実行させることが多かったですが、今回のアップデートでインストールと設定が同一画面で設定可能になったのでわかりやすくなりました。


株式会社ファントムへのお問い合わせ

群馬県でPythonを使ったAIやソフトウェアを開発している株式会社ファントムが運営しています。




    Related Articles

    Python

    Pythonのdatetimeで日付、時間の計算(1)

    Pythonのdatetimeで日付、時間の計算(1) Pythonには日付や日時を扱うdatetimeモジュールがありますが、日付の取得・計算にはtimedeltaを使います。 開発環境 現在の日付、時刻を取得 日付の […]

    Posted on by press
    Python

    フォルダ内のファイルを複数毎にzip形式に圧縮

    フォルダ内のファイルを複数毎にzip形式に圧縮 ファイルをまとめてzip形式に圧縮してしまうと容量が増えてしまうので、メールなどで送るために複数個に分けて圧縮ファイルを作りたいときがあります。ファイル数がそれほど多くない […]

    Posted on by press

    最新情報をお届けします!

    メーリングリストに登録するとファントムの最新情報をお届けします

    お客様のメールアドレスを共有することはありません