Navigation

Related Articles

Back to Latest Articles

Djangoでカスタムコマンドを作り実行する


press
Djangoでカスタムコマンドを作り実行する

DjangoでWEBアプリケーションを開発していてデータベースの集計などをバッチ処理したいときに、カスタムコマンドを作り実行する方法です。

今回はサンプルとしてmycommandアプリケーションを作成するので以下のコマンドを実行します。

python manage.py startapp mycommand

カスタムコマンドを作るときの作法があります。

  1. managementフォルダを作る
  2. managementフォルダ内にcommandsフォルダを作る
  3. commandsフォルダ内にPythonファイルを作る(ここで作ったPythonファイル名がコマンド名となります。)

最終的なディレクトリ構造

PROJECT
    └── mycommand
        ├── __init__.py
        ├── admin.py
        ├── apps.py
        ├── models.py
        ├── views.py
        ├── tests.py
        ├── migrations
        └── management
            ├── __init__.py
            └── commands
                ├── __init__.py
                └── custom_command.py

custom_command.py

from django.core.management.base import BaseCommand


class Command(BaseCommand):
    def handle(self, *args, **options):
      
        print('management commands!')

以下のコマンドを実行するとプログラムが実行されます。

python manage.py custom_command

当ブログは群馬県でPython / Djangoを中心にウェブアプリケーションを開発している株式会社ファントムが運営しています。

株式会社ファントムへのお問い合わせ




    Show Comments (0)

    Comments

    Related Articles

    Python

    Beautiful Soupでbrタグを改行コードに変換する

    Beautiful Soupでbrタグを改行コードに変換する Beautiful Soupでスクレイピングしたdivタグ内にbrタグがあった際に改行コードに変換する方法です。以下のコードはbrタグが複数ある場合にも対応し […]

    Posted on by press
    Python

    Pythonistaを使って最高気温と最低気温をグラフ化

    前回作った気象庁のサイトからBeautifulSoup4を使ってスクレイピングするプログラムの応用編として、今回はiOSアプリのPythonistaを使って最高気温と最低気温をグラフ化します。グラフ化にはMatplotl […]

    Posted on by press