Navigation

Related Articles

Back to Latest Articles

Google Colaboratoryで画像をアップロードして表示する


press
Google Colaboratoryで画像をアップロードして表示する

画像のアップロード

Google Colaboratoryで画像をアップロードして表示する方法です。画像解析以外にもCSVのアップロードなどの際にも同じ方法でアップロードできます。

from google.colab import files
files.upload()
Google Colaboratoryの操作画面

画像のインライン表示

今度はアップロードした画像をインライン表示します。
以下のコマンドを入力して実行すると画像が表示されます。

import io
import PIL
from IPython.display import Image, display


def show_pil_img(img):  
    encoded = io.BytesIO()
    img.save(encoded, format='png')
    display(Image(encoded.getvalue()))


pil_img = PIL.Image.open("slider-slide-10.jpg")
show_pil_img(pil_img)
Google Colaboratoryの操作画面

別のアップロード方法

左側のアップロードボタンからもアップロードできます。

Google Colaboratoryの操作画面

当ブログは群馬県でPython / Djangoを中心にウェブアプリケーションを開発している株式会社ファントムが運営しています。

株式会社ファントムへのお問い合わせ




Show Comments (0)

Comments

Related Articles

Python

Pythonistaを使って最高気温と最低気温をグラフ化

前回作った気象庁のサイトからBeautifulSoup4を使ってスクレイピングするプログラムの応用編として、今回はiOSアプリのPythonistaを使って最高気温と最低気温をグラフ化します。グラフ化にはMatplotl […]

Posted on by press
Django

DjangoでダウンロードするCSVの文字コードを設定

以下のような、attachmentをつけて即ダウンロードが始まるシステムで、文字コードをShift-JISにする為にto_csv()の引数にencodingをShift-JISに設定しても、ダウンロードするとUTF-8で […]

Posted on by press