PyCharmとDockerの開発環境でのコードフォーマット


press
PyCharmとDockerの開発環境でのコードフォーマット

PyCharmとDockerの開発環境でのコードフォーマット

14インチのMacBook Proを新調してから開発環境をPyCharmとDockerで統一することにしました。Dockerはコンテナ単位で環境構築ができるので、ローカル環境を汚さずクリーンな状態に保てるのが良いですね。ただ開発環境をDockerに絞ったことで問題が発生しました。それはBlackやFlake8などのコードフォーマッターが使えないということ。

従来はvenvやpipenvなどの仮想環境にpipでBlackやFlake8をインストールして、File WatcherというPyCharmのプラグインでファイルを更新する度に自動でフォーマットする設定にしていましたが、Docker環境だとこのプラグインが動かずエラーになってしまいます。

BlackとFlake8のための仮想環境をvenvなどで作って適用させることもできますが、今回は開発環境をDockerに統一させるため、PyCharmに標準で備わっているコードの整形機能を使います。使い方は簡単で以下のショートカットキーを押すだけです。

⌥ ⌘ L

上記のショートカットは手動ですが、自動で整形させるためには⌘,で設定を開いてTools / Actions on SaveのReformat codeにチェックを入れて適用するとファイルの更新の度にコードが自動成形されます。

PyCharmでファイルを更新する度に自動でフォーマット

Macのショートカットでよく使う記号

記号修飾キー
command
option
shift
control

人気のタグ

api argparse Beautiful Soup black calender Channels charset ChromeDriver datetime Docker enumerate f-string File Watcher flake8 gettext GitHub glob Google Colaboratory GPU Gunicorn i18n Jupyter Matplotlib Nginx OpenCV pandas Pillow pip Pipenv PostgreSQL psycopg2 PyCharm PyCon pyenv PyTorch random Redis ReportLab requests Selenium slack timedelta Ubuntu uWSGI venv


株式会社ファントムへのお問い合わせ

群馬県でPythonを使ったAIやソフトウェアを開発している株式会社ファントムが運営しています。




    Show Comments (0)

    Comments

    Related Articles

    Python

    def文を用いて共通の処理を関数化する

    以下の2つの記事の応用編です。 今回のポイントは以下の2つです。 ・気温の処理を関数化・Matplotlibで複数のグラフを出力 コードはGitHubリポジトリにあげています。 コード 出力結果 以下の様な気温と降水確率 […]

    Posted on by press
    Other

    dockerignoreで転送に時間がかかるファイルを除外

    dockerignoreで転送に時間がかかるファイルを除外 数GBを超えるSQLiteやメディアデータを含むプロジェクトをDocker Composeで起動する際に、ファイルの転送に時間がかかってしまいビルドがなかなか終 […]

    Posted on by press

    最新情報をお届けします!

    メーリングリストに登録すると株式会社ファントムの最新情報をお届けします

    お客様のメールアドレスを共有することはありません